「デジタルコミュニティ通貨」に参戦!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あなたは、デジタルコミュニティ通貨って聞いたことあるかなぁ?
上田市は、関係団体等と実証実験に関する協定を締結し2月1日からスタートした(来年3月まで)。

コロナ禍のなか、人とお店等のつながりを活発化し支援する仕組みづくりの実験。
案内のチラシを読んでも昔人間の私には理解できず、正直ついていけない。

気を取り直し、調べてみると・・・

【このデジタル通貨とは・・・】
この通貨は「まちのコイン」といって、(株)カヤック(本社・神奈川県鎌倉市)が開発した地域の「人と人」や「人とお店」のつながりを生み出す地域通貨。まだ実証実験が始まったところだ。

スマートフォンやタブレット端末にアプリケーションをダウンロードして利用する。このコインは「つかう」「もらう」といった使い方があり、お金に換算はできない

使用する通貨単位は個別に設定。小田原は「おだちん」、厚木は「アユモ」、八女は「ロマン」、上田は「もん」。真田幸村の六文銭の「もん」からつけたそうだ。

ウーム、実際にやってみないとわからんなー。
詳しい同僚に私のスマホにアプリをダウンロードしてもらう。

私が通貨「もん」をお店等から「もらう」「つかう」には、お店や団体等がコイン加盟スポットになり、チケットを作成する。

具体的にはユーザー(お客)の私が「もらう」「つかう」お店等のチケットにはどんなものがあるの??

各地域の具体例を調べてみた。いくつかを紹介すると・・・

【お店等から「もらう」チケットの例】
○情報関係
・フェイスブック等のSNSでフォローやメッセージをあげたら、ユーチューブチャンネルに登録したら、
・HPの改善点をコメントしたら

○商品づくり他
・商品についてコメントしたら、キャッチコピーを考えたら

○独自のつながり
・雨の日に行ったら、平日に行ったら、マイバッグ(エコバッグ)を持参したら、アンケートに答えたら
・ゴミ拾いを手伝ったら、薪割りしたら、窓をきれいにしたら

【お店等で「つかう」チケットの例】
○商品関係
・自分の発案メニューを期間限定販売できる、カウンターで2,000円ぽっきり飲み放題、店内に作品を展示できる、期限切れ近い商品をもらえる(実際に精肉店で使い、店主と話が弾んだ)。

○独自のつながり
・工場見学できる、新米社長と語り合う、お酒に合うおつまみを教えてもらう、サラダをサービスしてもらう

【我が部署が実験に参戦】
ならば、この手の仕事を得意とする職員が中心となって、実際に我が農産物マーケティング部署もいざ参戦(私は隣で見ていただけ・・トホホ)。

何事もやってみなければわからない(市役所の部署では一番早い!)。

試しに、今週末に開催するスーパーでのイベント「千曲川ワイン販売会」を想定し、誘客に役立てばと考え、こんなチケットを作成してアップ。

○「もらう」
・イベントに行ったら50もんもらえる(QRコードを読み取ってもらいゲット)
・ツイッターでイベント告知のお手伝いをしたら50もんもらえる(参加申請)。 

○「つかう」
・会場へ参加の先着10名様限定で、オリジナルトートバックを300もんで交換


【さて、どんな反応があるか?】
お金に換算できない通貨のやりとりが、どこまで関心を呼ぶか
実証実験なので、予想できない

多くのお店等が加盟すれば、いろいろなチケットをやりとりでき、コミュニケーションも豊かになる。

コロナ禍のなか、少しでもまちのスポット(お店等)を携帯片手に巡り、「もらう」「つかう」でつながりあえればと思う。

キーは大学生等の若者たちの行動であり、面白いチケットを提案してもらいたいなと期待する。

そして、この「まちのコイン」は全国誰でもユーザーとして登録でき、各地域のコインを最初に一定ポイントもらえる。

一定期間が過ぎると減るので、実際に地域を訪れコインを使って交流してもらえれば嬉しい。是非、上田の「もん」を使ってこの地の人たちとつながって欲しい。

ところで、この通貨を開発した(株)カヤックという会社が面白そうだ。

HPには、給料の一部はサイコロを振って決めるとある。
実験が終了するまでに、実際に行っていろいろ聞いてみたいものだ!

豊かなコミュニケーションができそうな予感がする。

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加