児童からの大きなエネルギー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

先日、私が住んでいる町内の3児童館で、お話や本のお読み聞かせをした。

前に2つの児童館で話したことがあり、館長から声を掛けられ快諾。 

3児童館を回り各1時間話し、計3時間合計50人ほどの児童が聞いてくれた。
1年生~4年生だが、圧倒的に1年生が多い。

さて、受けるにあたり、全体のモチーフ(主題)を何にするか。

まずは、自分が話して楽しいテーマやストーリーを選んで、そこで共通することは何かを考えれば、自ずから明確になってくるという気楽な気持ちで準備した。

1時間の話しの進め方はこんな感じ。

【話の進め方】
1.私の経験した話
①熱い温泉に入れた児童が、ガラッと変わったこと。
②「役立たず」の深い意味 ※ ブログ2019/3/31「小さな大巨人」参照

2.本からの話
①ネコの写真集
児童に何枚かのネコの写真を見せ、ネコは何を言おうとしているのか考える。
②本「残念な生き物」
③絵本「へいわとせんそう」(文・谷川俊太郎)を朗読
④本「雑草という戦略」
雑草の生き方を学ぶ。※ ブログ2021/1/24「私が人生で学び伝えたいこと!」参照

全体として楽しく話すことが出来た。その中で、いくつか紹介すると・・・ 

 【熱い温泉といじめ】
ある東京の小学生たちの話。
林間学校で野沢温泉村を訪れた小学生男子たちが、外湯に入ったところ、熱くて入れない。

水で薄めようとしたが、入っていた村のおじいさんに止められた。
そんななか、一人だけ熱い湯に入れた子がいて、おじいさんにほめられた

実は、その子は男の子たちの中ではなんと「いじめられっ子」だったのだ。

でも、一人だけ入れたことで「おめえ、スゲーな」とヒーローになり、以降いじめられることはなくなったという。

人間は、何か得意なことが必ずある。自分ではわからなくても、まわりの人が見つけてくれる。それを活かしていけばいい。ワクワクするねと話す。

【ネコの気持ちになる】
写真集「人生はニャンとかなる!」から、児童に何枚かのネコの写真を見せ、ネコは何を言おうとしているのか考えてみる。

いろんなポーズのネコは何を言っているのか思いつきでいいから言ってみて、と促すと1年生は元気よくほとんどが手をあげた。

1年生がネコの立場で考えるのは難しいかなと思ったが、難なく答える。私としても大変面白かった。

1枚だけ載せると、この絵のネコについて、児童の答えは「おれはおおきいぞ」。

写真集の解説は「アピールしなきゃパスは来ない」。
私は「こっちにボールを投げろよ」。様々な発想でいいのだ。

【ヤギは○○いところに○○ろうとする】
本「残念な生き物」からは、ゾウ、パンダ、コアラ、ブタ、そして一番ウケたのが、ヤギ。

ヤギは高い木に登るといってこの写真を見せると、3つの児童館児童の多くがエーッと驚く。

モロッコのサハラ砂漠に住むヤギは、砂漠にゆいいつ生えている木を見つけると、実や葉を食べようと次々と木に登っていく。まさに「ヤギがなる木」。

お話の全体としてのモチーフは、「いろいろな見方」を楽しく学ぶこと。
自由に発想することは楽しいと思ってもらえれば嬉しい。

3時間、児童の元気な「ハイ」「ハイ」という大きな声に私は大っきなエネルギーをもらったのだ。

屈託なく、忖度なく、空気を読むことなく、こちらの進行もお構いなしの子どもたち、イイですね。
私は、楽しく鍛えられています!

館長からお礼の言葉と、「また夏休みにお願いします!」といわれ、即OK。

さて何を話すか、今から考えるのが楽しい。これだからやめられない。

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加