上田紬を身に着け軽やかに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

私は外出時に絶えず身につけているものがある。財布と名刺入れだ。

両方とも使い古し、いつ換えるか先延ばしにしていたが、まず名刺入れを昨年暮れに換えた。

財布は、あした(新年度の4月1日)から。妻にあまりにみすぼらしいといわれたのと、気分を変えるため。
コロナで知らず知らずに心にコリがあったように思う。

両方とも、普段から接している小岩井紬工房の伝統工芸士・小岩井カリナさんの作品を購入すると決めていた。

以前、上田紬マスクを購入し気に入っていたからである。
(ブログ2020/12/14「マスクで楽しく発信!」参照)

60歳代後半戦にのぞむにあたり、「長く身につけていたい」という思いが湧いてきて、選択したのが写真の財布と名刺入れ。

最後の候補のなかで、最終的に選んだものは「今まで持っていなかった柄と色調」のものだった。

私の若い時のキャッチフレーズは「過去の延長線上に未来はない」。
ブレークスルー思考を標榜していた。今を起点に大きく変えることを目的化していたように思う。

しかし、歳を重ねて気負わなくなった

日常の中で、今までの良さを今後も長く守るには、行動や思考を大きくではなく継続的に変えていく必要がある。

持続可能な変化」である。

伝統を担うとは、「未来につなげるために日常の中で守るべきことと柔軟に変えていく・創造していくことを併行していくことだ」と感じる。

そう思うきっかけがあった。

小岩井カリナさんの新春のフェイスブックに、ローラースケートボードに乗る動画がアップされていた。

自宅近くでさっそうとローラースケボーに乗って軽快に走り、パッと飛び降りて着地しポーズを決める!

その身のこなしのナント軽やかなことか。

着物を着ている姿からは想像しにくいが、柔軟性や変化を楽しむ余裕が心にある。

そういえば、彼女は若い時、劇団に入っていたという。時はつながっているのだ。
(小岩井カリナさん&小岩井紬工房の簡単な紹介http://www13.ueda.ne.jp/~koiwai-tsumugi/koiwai.html)

伝統を継承し、しなやかで軽やかな創造力を併せ持つ彼女の作品。

ストールやバックや扇子、ハンチング他があり、特に着物を着ることは、私の今後の目標である。

年金をコツコツ貯めて購入することを、妻と合意している。

私もご先祖様を大切にし、地域の伝統やしきたりを継承しつつ(来年は自治会長)、しなやかに軽やかに変化を楽しむ行動をしていきたい。

明日からの新年度、愛郷心の証として手織り上田紬の財布と名刺入れを身に付け、心して行こうと思う。

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川戦略マーケティング研究所所長

1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。長野県信連勤務後、政策研究大学院大学で公共政策修士を取得。長野県や上田市で統一ブランドの創設や農産物マーケティングを推進。また、小学校PTA会長や地域活動にも積極的に取り組む。現在、中小企業診断士・公共政策修士として「長谷川戦略マーケティング研究所」を立ち上げ、企業や行政のマーケティング支援に従事している。落語鑑賞が趣味で、「上に立つより前に立つ」や「やってみなければ幸運にも巡りあえない」という言葉が好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加