非接触「セルフガイド」ツアー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

先日、上田市の隣の東御市にあるヴィラデストワイナリーを訪問。

ワイナリーオーナー&画家&エッセイストの玉村豊男さんと久しぶりに行き会い、コロナの時代の諸々について自由に語りあった。

話しの中で、「セルフガイド」ツアーということばに興味をひかれた。

近年、ワイン観光として、鉄道とバスを接続させ、タクシーも利用しワイナリーを巡る「ワインツーリズム」が脚光を浴びつつある。

しかし、コロナ禍で客足はサッパリ、見通しは大きく狂ってしまった。

そんな中、玉村さんが取組んでいるのは、個人客に焦点を当て、歩いても、クルマでも、いつでも、ひとりでも楽しめる、新しい時代にふさわしい非接触「セルフガイド」ツアー

【「セルフガイドツアー】
ヴィラデストでは、カフェ&レストラン、ガーデン、ぶどう畑の3カ所にQRコードを掲示している(室内にも2カ所)。

スマホで読み取ると、その場所を案内する動画が見れる。

玉村さんと別れ、帰りがけに試しにやってみる。
玉村さんの解説が視聴でき、ワインを飲みながらなら、さらにベリーグッドだ。

雨の日でもワインを楽しめる開閉式テントを新設したとのことで、期待大。

「セルフガイド」ツアーとは、ウィキペディアによれば、ツアーガイドが案内するエスコートツアーとは対照的に、自分自身で行程をナビゲートする新しい個人旅行のスタイル

ヨーロッパの多くの観光名所には、セルフガイドツアーで見たり行ったりするための提案、地図、指示、およびアイテムが用意されているという。
しかし、日本はこれからだ。

玉村さんの解説で、ヴィラデスト設立時の思いや、この地域の歴史、ブドウ畑のこと等を、風を感じながら堪能できれば満足すること間違いない。

【田沢ワイン村】

そして、近隣の旧跡や他のワイナリーを含めて発信している「田沢ワイン村」には、計6カ所にQRコードが掲示されている。

専門の語り手の個性も出ていて、充分楽しめる。なにしろ、自分のペースで回れるのがいいし、この地域全体の魅力を感じることができる。

気の合う少人数で巡りたい。その集積で交流人口が増えていけばと願う。

スローライフとの関連性
コロナの時代だからこそ、注目されつつある非接触「セルフガイド」ツアー。
私は、「スローライフ」の流れとつながると思うのだ。

効率やスピードを重視するのではなく、のんびりと過ごしながら、人生を楽しみ、生活の質を高めようとするライフスタイル。

立ち止まりながら、スマホ片手に風のように上質な情報=セルフガイドに触れ、仲間とワインを飲みながら語り合う。

「スロー」は自由を担保し、語り合うことで思考を深める

共同体の復権
を念頭に置きつつ、「スロー」をキーワードに次の飛躍へつなげたい!

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加