「村山槐多パフェ」7月から登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

【「発酵のまち上田」の今年の取り組み】
上田市は、「発酵のまち上田」を掲げて5年。今年の計画は・・・

市商工会議所が従来から取り組んでいる「うまいものスタンプラリー」との連携である。

「スタンプラリー」とは、市民が、参加する飲食店や菓子・酒・味噌など製造販売店で購買しスタンプを集めて応募、豪華賞品をゲットするもの。

昨年はコロナ禍の中、一番応募数が多かった。

そこで、今年はスタンプラリーに連動し、免疫力アップを目指し各店に発酵メニューの開発や紹介もしてもらう。

併せて、発酵の小冊子を作成し配布するという商工会議所事業を、市が支援。

【発酵冊子の目玉は】
冊子の一番の目玉は、山梨県在住で、全国的に活躍している発酵デザイナー・小倉ヒラクさんが関わることだ。

彼が上田市の酒蔵や味噌蔵を訪れる様子を記事にする企画で、先週実現。

今回のブログでは、ランチで訪れた「豆cafe enjyuについて書く
(ヒラクさんとの発酵冊子の作成については、別に書くつもり)

【ランチで訪れたカフェ】
このカフェは、上田市塩田の前山寺(ぜんざんじ)近隣にあり、以前ブログにも書いている。(2019.2.26「きびしさ」は人を選ぶ!

窪島誠一郎さんが所有する画家・村山槐多の絵画他を展示しているKAITAEPITAPH残照館』(旧信濃デッサン館)に併設されている。

この日は、女性共同経営者2人に頼み込み、休業日ながら特別開けてもらい、特別メニューのランチを作ってもらった。

【ランチメニュー】
まずは4品

①地元大豆使用の冷奴にしょうゆ豆とえごま葉のせ。
②上田産おかひじきと紫玉ねぎのマリネ。

③信州太郎ポークのローストと地元酒蔵の酒粕ディップ。
④ハチク(淡竹)とセリのおひたし醤油糀と共に。

4品がそれぞれ個性を発揮しつつ調和し、香りもよくいい気分。

次のリゾットは、大豆の出汁を使い、味付けは塩と味噌のみ。

これもうなった。味に深みがあり、口の中で改めて醸される感じ。

【最後のデザートがインパクト大】
そして、今回の最後に出されたデザートはインパクト大の「パイナップルと甘酒の台湾パフェ」


今回限りの逸品。イヤー、美味しかった。
一つのグラスに様々な食材がブレンドされ、全員黙って食する。

グラスの中の一つの特別な世界を味わっている感覚。

今回のパフェは特別だけれど、営業日には、その時に用意できる食材で作るので、それも二度とない品となる。

「ご期待下さい」とマスク越しに笑って余裕の表情を見せた二人の女性店主。

さらに、期間限定で出していたスイーツ第一弾「五月の風のゼリー」が好評で、レギュラーメニュー化。

詩人・立原道造さんをイメージしたスイーツとのこと(残照館には立原道造記念室がある)。

さらに、あるくわだてを私にコッソリと話してくれたのだ・・・ 

【驚きのくわだてとは】
実は、7月から窪島館長と一緒に考えているスイーツ第二弾があるのよ、という。

私は「ナ・ナ二?」 彼女たちは微笑んで(マスク越しだが)、それは・・・
「村山槐多パフェ。」

私は思わぬ方向から球を投げられた感じで、一瞬ポカンとしたが、ほどなく理解。

【相乗効果のメニュー】
なるほど、カフェだけの食事に来た方も、このパフェを食べたら残照館に寄って絵画を見てみよう、となるだろう。

残照館にも「村山槐多パフェ」を案内しておけば、相乗効果となる。

その窪島館長とコラボし提供されるスイーツとは・・・イメージがわかない。

正直、館長の強い個性から生み出されるスイーツというものが想像できないのだ(笑)。

【目撃し、食する価値あり】
あなたは、その目で確認するしかない。
土・日・月の週3日間営業、11時~16時(ランチは11時30分~)。

新たな挑戦。「ガンバレ!みほちゃん&りえちゃん」

 さて、「豆cafe enjyu」でたっぷりくつろいだ小倉ヒラクさん他ご一行。

この後、訪問先の酒蔵や味噌蔵等で上田市の魅力を引き出す等、予想以上の充実したやりとりがあったとのこと。

それは、スタート前に食した「豆cafe enjyuのランチが少なからず貢献している、と一人思っている!

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加