「村山槐多パフェ」の真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

前々回のブログに書いた-「村山槐多パフェ」7月から登場!-は、少し反響を呼んだ。

どういうわけか、ある情報発信サイトの目に留まり、ささやかながら全国に向けて発信されたのだ。少しずつでも注目されれば・・・。

 7月3日(土)、そのパフェが初披露となった。そのことを書く。
題して-「村山槐多パフェ」の真実-

【残照館&豆カフェのコラボ企画が実現!】
お店の「豆カフェenjyu」で料理の作り手は女性2人。

お店併設の美術館・残照館(旧信濃デッサン館)館主は窪島誠一郎さん。無言館館主でもある。

併設して営み始めて2期目。3人は普段のやり取りから、コラボスイーツの企画を思いつく。

窪島さんはこんな感じで言ったという。

「残照館にちなんだ人物の言葉や絵からスイーツのタイトルをつけよう」
「その人物の説明は僕が書くね」。

【「五月の風のゼリー」誕生】
お店のスイーツ担当の作り手は、残照館に展示している夭折の詩人・立原道造(享年24歳)が見舞いに来た友人に言った言葉

五月の風をゼリーにして持ってきてください
を知り、前から気になっていた。どんな味のゼリーなのだろうと。

そんな時、この企画の話が出て、立原道造をヒントに「5月の風のゼリー」が生まれたという。

窪島さんに試食してもらいながら、試作すること20回ほど。
少し前に開発しお店に出され、好評につき定番のメニューに採用。

窪島さん自身が作成した紹介カードと共に誕生したのがこのゼリーだ。

薄緑に淡い黄色が重なり、若くして逝った詩人で建築家の立原道造の求めた「美」が偲ばれる味と色調

食した私の感想は記さない。あなたが食べてみて、周りの人たちに自ら表現して欲しい。

【一本のガランス】
「村山槐多パフェ」とは、彼の絵画の特徴であるガランス(深紅色)をモチーフにしたパフェを指す。

タイトルは「一本のガランス」

グラスにチョコレートやアイスクリーム他を重層的に盛り付け、彼の炎のような命をガランスで表現しソースとして用いる。

私が深紅色のソースを上から流すと、キャンバスに描かれたような模様となり、眺めながらスプーンですくい取って口に入れる。

なんとも言えない「命が躍る」心持ち。

窪島さんが紹介カードで「とびきりロックなパフェ」と表現しているのがうなずける。

何しろ、窪島さんは試食を繰り返し、37回目にOKを出したという。
その思いを込めてのカードのフレーズなのだ!

少し高価かもしれないが、私が思うこの真実を知って食べてもらえれば・・・。

【今、「一本のガランス」を食べる意味】
今、村山槐多を身近に感じることは、大きな意味があると私は考える。

なぜなら、槐多は1919年(大正8年)、大流行していたインフルエンザ(流行性感冒)・スペイン風邪にかかり息を引き取ったのだ(結核性肺炎を患ってはいたが)。

コロナの時代がこれからも続くとき、私たちは、内なる魂と向き合うことを忘れてはいないか

自粛が自縮になり、魂を喪失していないか。自らに問わねばならない。

そんなとき、豆カフェenjyuで、パフェ「一本のガランス」を食し、深紅色の炎の槐多の命・魂に触れてみないか、と誘いたい。

一方で、そのガランスは「自然が持つ癒やし」も併せ持つものだ。明日を健康に生きる力も与えてくれる。

なぜそう思うのか。パフェの作り手が何気なく話したひとことで、そう確信したのである。

「実は、ガランス(深紅色)のソースは、すぐ下の畑で無農薬で作っているラズベリーを使っているんです」

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加