「村山槐多パフェ」の真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

前々回のブログに書いた-「村山槐多パフェ」7月から登場!-は、少し反響を呼んだ。

どういうわけか、ある情報発信サイトの目に留まり、ささやかながら全国に向けて発信されたのだ。少しずつでも注目されれば・・・。

 7月3日(土)、そのパフェが初披露となった。そのことを書く。
題して-「村山槐多パフェ」の真実-

【残照館&豆カフェのコラボ企画が実現!】
お店の「豆カフェenjyu」で料理の作り手は女性2人。

お店併設の美術館・残照館(旧信濃デッサン館)館主は窪島誠一郎さん。無言館館主でもある。

併設して営み始めて2期目。3人は普段のやり取りから、コラボスイーツの企画を思いつく。

窪島さんはこんな感じで言ったという。

「残照館にちなんだ人物の言葉や絵からスイーツのタイトルをつけよう」
「その人物の説明は僕が書くね」。

【「五月の風のゼリー」誕生】
お店のスイーツ担当の作り手は、残照館に展示している夭折の詩人・立原道造(享年24歳)が見舞いに来た友人に言った言葉

五月の風をゼリーにして持ってきてください
を知り、前から気になっていた。どんな味のゼリーなのだろうと。

そんな時、この企画の話が出て、立原道造をヒントに「5月の風のゼリー」が生まれたという。

窪島さんに試食してもらいながら、試作すること20回ほど。
少し前に開発しお店に出され、好評につき定番のメニューに採用。

窪島さん自身が作成した紹介カードと共に誕生したのがこのゼリーだ。

薄緑に淡い黄色が重なり、若くして逝った詩人で建築家の立原道造の求めた「美」が偲ばれる味と色調

食した私の感想は記さない。あなたが食べてみて、周りの人たちに自ら表現して欲しい。

【一本のガランス】
「村山槐多パフェ」とは、彼の絵画の特徴であるガランス(深紅色)をモチーフにしたパフェを指す。

タイトルは「一本のガランス」

グラスにチョコレートやアイスクリーム他を重層的に盛り付け、彼の炎のような命をガランスで表現しソースとして用いる。

私が深紅色のソースを上から流すと、キャンバスに描かれたような模様となり、眺めながらスプーンですくい取って口に入れる。

なんとも言えない「命が躍る」心持ち。

窪島さんが紹介カードで「とびきりロックなパフェ」と表現しているのがうなずける。

何しろ、窪島さんは試食を繰り返し、37回目にOKを出したという。
その思いを込めてのカードのフレーズなのだ!

少し高価かもしれないが、私が思うこの真実を知って食べてもらえれば・・・。

【今、「一本のガランス」を食べる意味】
今、村山槐多を身近に感じることは、大きな意味があると私は考える。

なぜなら、槐多は1919年(大正8年)、大流行していたインフルエンザ(流行性感冒)・スペイン風邪にかかり息を引き取ったのだ(結核性肺炎を患ってはいたが)。

コロナの時代がこれからも続くとき、私たちは、内なる魂と向き合うことを忘れてはいないか

自粛が自縮になり、魂を喪失していないか。自らに問わねばならない。

そんなとき、豆カフェenjyuで、パフェ「一本のガランス」を食し、深紅色の炎の槐多の命・魂に触れてみないか、と誘いたい。

一方で、そのガランスは「自然が持つ癒やし」も併せ持つものだ。明日を健康に生きる力も与えてくれる。

なぜそう思うのか。パフェの作り手が何気なく話したひとことで、そう確信したのである。

「実は、ガランス(深紅色)のソースは、すぐ下の畑で無農薬で作っているラズベリーを使っているんです」

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加