スイカとミツバチの仲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

早朝、6時過ぎ、ウォーキングから戻って、狭い家庭菜園をのぞくのがこのところの日課だ。

キュウリやトマト、ナス、ゴーヤ、豆、ピーマン、スイカ、キャベツ、レタス、ネギなどを育てている。

その中で、私が毎日必ず成長をチェックするのは・・・スイカ
なぜか。なにより大好きだからだ(単純)。

経験上、ミツバチの動向が出来を左右するので、気にかかる。

そして、一昨年までは、ミツバチはさほど現れず不作。
人工授粉など手間がかかることはやらないずぼらな性格なので、この地はスイカに合わないと割り切っていた。

ところが、昨年は突然ミツバチが飛び交い、スイカが多く結実。それもみな美味しかった。

今年は、昨年並みを期待してはダメと思考停止し、でも心では期待している自分がいる。厄介な人間である・・・。

ところが、このところ菜園をのぞくと、なんとブーンブーンという羽音がしている。数匹のミツバチが飛び交う姿を確認、嬉しくなり朝から気分がいい。

ミツバチは、スイカの花がお気に入り。

雄花から雌花へと移動し受粉してくれるミツバチが愛おしい。
今年も期待できそうだ。

玉は極小から大きくなりかけている玉まで、いろいろな大きさが混在している。


美味しいスイカを作るには、間引きが欠かせないことは知っている。

けれど、私は一生懸命に受粉の役割を果たすミツバチに感謝の思いが強い。

出来るスイカはそのまま有難く収穫し、近所にも配りたい。

「美味しいかどうかはわからないけど、ミツバチのおかげでできたので」と言葉を添えて。

最終的にどのくらいの玉ができるかはまだわからない。
過剰な期待はしませんよ、ミツバチさん。

ところで、毎日何匹も飛んでくるミツバチがいるということは、もしかしたら近くに巣があるのでは、と考えるのは自然ではないか。

そして、徒労に終わることは承知しつつ、ミツバチの巣を探し続けている私は、自分でもやっかいな存在と思うのだ(やれやれ)。

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加