ひまわりの意志

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

【朝夕6時台にやること】
ウォーキングから戻る朝方6時台と、仕事から帰る夕方6時台には、我が家の隣の畑に植えた「ひまわり」を仰ぎ見る。

【巨大なひまわり】
植えたのは、妻。

前年のひまわりが大きくなり過ぎたので、背たけの低いひまわりを選んで、その種を保管しておいたという妻。

しかし、植えてみたら、昨年以上に巨大なひまわりが出現した。オオタニサンよりも遙かに大きい(大谷選手193cm<我が家の畑のひまわり330 cm 笑)。

妻になぜなのか、とは問えない。そこはスルーするのが賢明というものだ。

【ひまわりの生き方】
いつも、このひまわりたちを見ていて、感じることがある。
朝方は、真っ向から朝陽をしっかり浴びる。夕方も夕日をしっかり見送る。

その姿は「誠実」で「実直」で堂々としている。「自然界で生きる」とは何か、を教えてくれているようだ。


ひまわりの意志は、「お天道様に向き合い、エネルギーを吸収し、恥じない生き方」をすることではないか。

人間もそうありたいが、忖度や嘘や改ざんや、自分の考え以外は無視する人間が多くなった。自然界ではとうてい生きていけないだろう。

あなたは、朝陽を真正面からしっかり浴びているか」。そしたら、背筋がピンと伸びて、誠実・実直な心を持てるはずだ。

そして、「あなたが本来持っている能力を活かすエネルギーを太陽(お天道様)からもらおう」。というひまわりの声が聞こえてくる。

【身体・心を開く】
太陽のエネルギーを受け取るには、体や心を思いっきり開かねばならない。

オープンな生き方だ。そして、自然と一体化するとき、ハチも親しく飛んできて仲間になる。

背の低いひまわりも、思いっきり花びらを開き、堂々と自然の一部になっているではないか。「いいなぁ~。」

【家の中も自然の一部】
翌日、帰ったら驚いたことに、リビングにひまわりが存在していた。

家の中に、豊かな自然のエネルギーを放ってくれている

ひまわりは、「人間が、自然界の中で、お天道様に恥じることなく堂々と生きていってほしい」と願っていると思う。

そんなことを考えていた時、家にひまわりを飾った妻が、ボソッと言った。

国会議事堂にもひまわりを飾ったら」・・・その通り!

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加