「コモン」プロデューサー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

【コロナ禍のなかのトークイベント】
昨年開催した飯山農業経営塾(私が塾長)の塾生2人が、2週間前に地区のトークイベントに登場するというので、聴きに行ってきた。

(※「飯山農業経営塾」:ブログ2020.12.10『夜間の「飯山農業経営塾」終了』を参照

都合で行けない塾生の恵子さんから、その様子を知らせてほしいと頼まれたので、彼女への報告を兼ねてブログに書く

出来るだけ簡略文としたいので、添付する過去のブログを参照しながら、以下を読んでほしい。  

【恵子さんへの報告】
恵子さん、あなたにどう伝えるか、思いが発酵してくるのを待っていたので、遅れてしまい、ごめんなさい。ネット情報も加味して伝えます。

当日は、地区のホールに、50名ほどの(たぶん)参加者がコロナ対策をしつつ集まった。

主催は、飯山市太田地区農業再生センター。「太田地区の将来を語る会」の第1回として開催。

進行役は、メディアで名の知れたフリージャーナリストの内山さん。
3人による基調鼎談が中心で、テーマは「若き農業者の未来設計」

【登壇した塾生2人】
登壇した一人は、水野尚哉さん38歳、水稲農家。塾生ながら、彼の実績はあっぱれ!

ウィキペディアで「世界一旨い米をつくる男」と紹介され、その分野では著名。恵子さん、知っているよね。 

米・食味分析鑑定コンクール国際大会で金賞受賞をはじめ、数々の賞を獲得。

ちなみに、ネット販売では、令和2年産コシヒカリ「708米【蛍】」、価格(税込)【5kg】8,075円。

エーッ、キロ換算で1,600円。・・・なるほど、「世界一」にふさわしい価格。そして、「品切れ中」なのだ!
(※708米は、尚哉の名前にちなんで付けたもの)。

もう一人は、木原翼さん29歳(になったばかり)、果樹農家

雪深い飯山の地で、誰もが考えもしなかったワイン用ブドウづくりに挑戦中

2014年に飯山市ワインぶどう研究会を発足させ、会員数90人ほどの会長を引き受けた。

恵子さん、個性豊かな若い二人の経歴は、塾生の発表会等でおおよそ把握しているかな。

ここでは、3人の鼎談の内容はさておき、全体から感じた二人の共通点を探り彼らの未来設計を私の解釈で以下述べてみたい。

【2人の取り組み】
尚哉さんは、長野調理製菓専門学校を卒業後、地元の大規模農業法人で米作りの基本のきを学ぶ。

そして、おじいちゃんの田んぼも受け継ぎ、「地球を守り・家族が笑顔で健康になる米作り」を目指す

試行錯誤を繰り返し、出会ったのが「ピロール農法」。 

バクテリアによる強い土台作りを核とした農法で、育む米は体内とほぼ同じ弱アルカリ性(通常、米は弱酸性)。

専門学校時代に学んだ栄養学の知識が役立ち、取り組みを決意。
さらに、無農薬・無肥料・追肥なしにも挑戦し、受賞へとつながる。

疑問に思ったことは試してみるのが彼のやり方。
意外に思うかもしれないが、毎日育つ稲に話しかけることも彼の流儀である。

しかし、彼が目指すのはけっして自己満足ではない。

「自由に一緒に大地に負荷をかけない、かつ栄養価の高い旨い米を作ろう!」という、同じ志を持った仲間づくりである(たぶん)。

彼は現在、仲間を求めオーナー制度に取り組んでいる。
カフェや民宿等とつながりながら、豊かな飯山市を残していきたいという。

一方、木原翼さんは、大学でマネジメント学等を学び、起業を考える仲間と出会い、大いに刺激を受ける。

そして卒業後、父親の提案する「ワイン用ブドウ栽培」への取り組みを志す。

(父親はなぜ豪雪地で「ワイン用ブドウ栽培」を目指したか:ブログ2017.10.7『「戦略思考学」(下)』を参照.その前の2017.10.『「戦略思考学」(上)』も面白いよ!)

前例がない豪雪地・飯山でのワイン用ブドウづくりは、挑戦のしがいがあると思った翼さん。

彼は栽培の師匠と巡り会い、貪欲に学んでいる。
父親を知っている私は、「この親にして、この子」とうなずくのだ。

近く飯山ワインが飲める日が来ると期待しているが、それが最終目的ではない。

翼さんは、地域の戸狩温泉の宿泊とスキー等の観光をつなげる農業として、ワイン用ブドウづくりが大きな呼び水になると考えている。
 

 【共通するのは、「コモン」プロデュース力】
尚哉さんは、地球環境(大地)にやさしく、かつ上質なコメ作りを志す仲間と一緒に地域を豊かにしたい。

翼さんは、豪雪地のワイン用ブドウづくりでブランド化し、地域の異業種仲間とつながり豊かにしたい。2人は、同じ方向を目指していると私は思う。

そこで、私が思うことは・・・

2人の活動する地域は、コモン(共有地)という意識ではないか。
なぜそう思うのか・・・

尚哉さんの話しには、「おじいちゃんの田んぼを受け継いだこと」、「家族の健康や幸せのための農業」の話しが多く出てくる。

翼さんも、お父さんの話を引き受け、ワイン用ブドウ栽培によるワインづくりで、家族が営む蕎麦打ち民宿とつなげ、顧客増を図りたいと願っている。

「家族」の幸せが根底にあっての農業なのだ。その家族の同心円上に共有地がある、と私は思う。

飯山市太田地区で、同じ志を持つ仲間と米づくりやワイン用ブドウづくり(耕作放棄地の再生)を通じて、顔の見える範囲で、信頼を拠り所に共に豊かに生きる共有地をつくっていきたい、との熱い思い。

その「コモン」を創造する力、プロデュース力が二人には期待されていると思う。

コロナの時代に大切な、人と人が支え合う場を創る力

【5年前にブログに書いたこと】
そういえば、5年前にブログに書いたことを思い出した。2016.6.30『「プロデューサー」ということば』で、私はこんなことを書いている・・・

辞書で「プロデューサー」を調べると、「映像や音楽・広告作品等の制作全体を統括する責任者」。

一方、英語辞書では、producerは「生産者」という意味。
リンゴ生産者はapple producer 、ぶどう生産者はgrape producer 。

2人には、日本語の意味でのプロデューサーとして、「共有地を創造し豊かに生きる統括責任者」の役割を担ってほしいと切に期待する!

「コロナ時代こそ田舎の時代」と言われる先駆けとなってほしい!

長くなったけど、恵子さんへの報告とします。

さて次回、塾生たちと同窓会で会う時には、だれか「○○プロデューサー(生産者)」の名刺を私に見せてくれることをひそかに期待している!(笑)

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフード(風土)アドバイザー

長野県の農産物統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を創設し中心となって推進。また信州6次産業化推進協議会副事務局長として、地域6次産業化を主導。H28年3月をもって任期満了し、地域創生を支援するアグリフード(風土)アドバイザー業務を開始する。長野県内で幅広いネットワークを持つ。現上田市農政課職員(非常勤嘱託・元長野県農政部職員・中小企業診断士)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加