児童館にて再び学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

10日ほど前、町内3児童館で3回目(1児童館は2回目)の本の読み聞かせをした。

前回は、今年3月の春休み中。
その様子は、ブログ2021.3.28「児童からの大きなエネルギー」に書いた。

メインターゲットは小学校1年生~3年生、各1時間ほど。
今回は、どんな本を選んだか。

1冊目は、松下竜一作「どろんこサブウ」1990年発行。

2冊目は、ヨシタケシンスケ作・絵「ふまんがあります」2015年発行

3冊目は、たにかわしゅんたろう文・Noritake絵「へいわとせんそう

コロナ禍なので、密を避けるためパワーポイントで話す。

【どろんこサブウ】

189ページの本を、パワポで30枚に要約して話す。
出だしは、こんな感じ・・・

いまから45ねんほどまえ、千葉県(ちばけん)にすんでいたおとこの人が、ゴミをひろったはなし。

この人のなまえは、森田三郎(もりたさぶろう)さん、みんなからサブウといわれている。

ここでみんなにしつもんです。サブウは、どうやってゴミをひろったのでしょうか。

これからはなすので、わからないのがあたりまえ。おもったこたえに手を上げてね。

①なかよしのなかまによびかけて、ひろった!
②ひとりでひろった
③ビラをくばって、おおくのひとをあつめてひろった。

さあ、どれでしょうか?

答えは分かれると思ったが、全員正解②に手を上げた。3児童館とも。

初めに、本の表紙を見せているので、写真から一人でひろったと感じたのだろう。

「一人で拾う」とは、どういうことか。いつどこでなんのために拾うのか。話しが進んでいくうちに明らかになっていく。

30分ほどだが、「子どもたちが真剣に聞いてくれた手応え」を感じた。

私は、「みんながやるからゴミを拾う」のではなく、「何のために拾うのか自分で考えて」、一人で行動することから始めて欲しいと願っている。

1年生に通じるかはわからない。でも、大人がしっかり話していくべきではないか。

自ら感じたこと」が尊い。

サブウの一人でゴミを拾った物語が、子どもたちの真心に響いてほしい、と願う。
ぜひ、あなたにも読んで欲しい!

この話の最後に・・・
大リーガーの大谷選手も一人でゴミを拾ってるんだ」という話を付け加えた。

【ふまんがあります】

小さな娘が、お父さんに「おとなはズルい」といろいろ不満を言う。
それに対して、おかしな(けむりにまく)回答をするお父さん。

娘さんは納得できないこともあるけど、親子のほのぼのとしたやりとりが楽しい。みんな、ニコニコしながら聞いていた。


【へいわとせんそう】

前回は本で読んだが、パワポにして話したかった。

理由は・・・

本をめくると、ハハ・どうぐ・くも等の事柄が、平和の左側ページと戦争の右側ページでは、その絵が明確に対照的だ。

しかし、本では子どもたちの目に一度に飛び込んでくる

私は、平和の絵と戦争の絵を時間差をもって比較して見て欲しくて、今回はパワポで表現した。

平和の絵を見て、戦争の絵を想像する。そのあと実際に見てギャップを考える。

平和と戦争を考え続けるきっかけになれば、と思うのだ。
パワポづくりは丁寧にやったつもりだが・・・

子どもたちは、時間をかけて感じ考えてもらえればいい。

終わってみて
計3時間、児童館での子どもたちとの真剣勝負は、反省点もあったが、楽しかった。

前期高齢者の私に「成長する機会」を与えてくれた3人の館長さん。

プロジェクターを用意してくれてありがとうございました。

姿勢を正して、礼!
4回目もやりたいです。

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加