また、水害がやってきたが・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

昨年、私と妻は我が家の隣の耕作放棄地を借り、100坪ほどの家庭菜園を始めた。

業者に伐根・伐採・整地を頼み、ウキウキしながら・・・。

が、さっそく落胆するはめになる。

というのは、雨が2日~3日降るともうダメ。畑が水浸しになり途方に暮れた。

周りは田んぼで、この開墾畑ももと田んぼ、無理もない。家の敷地から1メートルも低い土地なのだ。

そこで、私は順次、二つの大きな決断をすることになる。

【その決断とは】
まず最初に、溜まった水を汲み出す自吸式エンジンポンプを購入したこと

人力では、前期高齢者には負担が大きい。2~3回使ってみたが、機械オンチの私でも扱える。

もう一つは、周りを畔(あぜ)シートで囲ったこと。

周りが田んぼで、我が畑ももとは田んぼ。もともと、ねんど土で水はけが悪い。

畔を越えて水が入ってきたことに驚き、今年の春、業者に下水道工事のついでにやってもらった。
妻のリクエストなのでNOはありえない!

エンジンポンプ代と畔シート作業費用はそれなりの負担だが、思えば安いもんである。

なぜなら・・・、妻の日々の農作業は、彼女に精神の安定をもたらす最も重要な営みであるから(ほんとにそう思う)。

そして、今月の大雨を迎えたのだ・・・

【8月の実際の水害は】
お盆中降った雨の被害は、水路がゴミで詰まって道路にあふれたカ所があったものの、大したことにはならなかった。

さて、我が畑はどうだったのか・・・

イヤ~、参りました

シートで囲ったせいで、かえって周りより水位が上がって見事なプール状況!

中小企業診断士の私は、悲観シナリオとして想定はしていたが、バシッとハマってしまった(残念)。

しかし、打ちひしがれてはいられない。アクションプランはできている。

自吸式エンジンポンプを動かし、吸水用のホースをセットして作業開始。
約2時間で水が引けた。

【見えてきた課題】
プール畑の浸水吸引をしばし眺めつつ、課題が見えてきた。

まず、畝(うね)の向きを南北にしたのだが、東西のほうがスムーズに水が流れ吸引が効率的になると思うのだ。

来年の春の農作業時に取り組もう。

次に、肝心の植える野菜の品目について。

昨年の浸水の反省から、夏野菜等は水害の影響を減らせるよう畝を高くして何種類か植えた

結局、プール畑になり影響を受けたのだが、水に弱い品目と強い品目の区別もはっきりしたのである。

我が家の畑に限っていえば

・水に弱い品目:ジャガイモ、トマト、シソ
・水に強い品目:オクラ、ナス、(ネギ)

と明確に分かれた。

水に弱い作物でも強い品種があるかもしれず、探す手もあるが、私は淡白な性格なのでその努力は遠慮する。

 水に強い品目は、オクラにナス。浸水中でも生き生き成長している。
大したもんだと感心する(ネギは微妙)。


ちなみに調べてみると、オクラはアフリカが原産、ナスはインドが原産とある。

高温多湿を好む作物なのだ。里芋も植えたい(同じくインド原産)。

来年は、トマトとシソはこの畑には植えない、可哀そうである。

「雨の環境下にわざと置き、虐待している」かの思いが募り、心が痛むのだ。

ゴメンなさい。家の菜園に植えて安心して育ってもらうことにする。

【そして豊かな気づきも】
大雨による「浸水プール畑」だからこそ、気づいたこともある。

一つは、エンジンポンプを使うには長いホースを取り付ける手間がかかるので、人力も併用することになる。

そこで、バケツによる汲み出しが体力増強に役立つのだ(そんなことで、ごめんなさい)。

久しぶりに腰が痛くなった。
でも疲労でよく眠れ有り難い(普段より強いアルコールが眠気を誘った主因かも、たぶん)。

そして、最後に汲み出したバケツに入っていたモノは・・・

なんと、予期しない「ザリガニ」!

二つのはさみを振りかざし、威嚇している。

私は、ここでザリガニがなぜ私の前に現われハサミを振りかざしているのか、その意味を見出そうと頭を働かせる。

が、浮かんだのは、私の「まっすぐ歩かず横歩きのようなあまのじゃくな人生」も、ザリガニからしたら「それでいいんだよ、しっかり歩けよ」、と叱咤激励してくれている、という達観(?)であった。

ザリガニと自分の人生を重ね合わせて考えることなど平時ではあり得ない。
私にとってとても豊かな気づきであった。

そして、今回の水害がもたらしてくれた一番の恩恵は・・・

すぐ枯れてしなびてしまったトマトやシソにガッカリしていた私に力を与えてくれたもの。

朝、なにげなく現場に行き目を見張ったもの。それは


可憐で清浄な「オクラの花」である。

ハイビスカスにも似て、とても美しい。

それもそのはず、オクラもハイビスカスも「アオイ科」で、同じ仲間。

朝咲いて、午後にはしぼんでしまう。

オクラのネバネバが好きで、納豆に混ぜてよく食べるが、花は注目したことがなかった。

こんな泥水のプール畑に凛として咲いているとは・・・。

きれいだな~と、しばし黙って見とれていた時間が尊い

オクラから、ネバーギブアップの心と、「豊かに生きるとは自然を素直に見つめる心を持ち続けることだ」、と教えてもらった気がする。

水害だからこそ気づかせてくれたザリガニとオクラに、重ねて感謝する!

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加