見かけと中身(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

最近、ある選果場に所用で行った際、隣接する直売所で規格外のリンゴが格安で売られており、ちゅうちょなく購入した。

その産地のものを食べたかったことと、財布の中身との相談の結果である。

販売担当のおばちゃんが、笑顔でおまけ4個(写真の箱外のもの、一個はナシ)を付けてくれた。

この小さなサプライズが顧客満足度をアップさせるのだ」とどこかで話そうと思った・・・が、話はこれから思いがけない方向に展開していく・・・。

家に持ち帰り、早速小さなおまけのリンゴ(箱の外)から食す。美味しい。
やはり、産地のりんごは違う。ならばと、箱の中のリンゴを取り出す。

800円という格安だから少しボケ気味ではと思うが、切ってみる。

食べるとこの品種「シナノスイート」独特の甘みの中にもほどよい酸味があり、「柔らかい甘み=スイート」という命名に合点がいく。

妻と一個を食べきり、安く美味しい買い物をした私を珍しくほめてくれた(このところない行為)。


夕食後、妻のほめ言葉が心地よかったので、お茶を飲みながらもう一個「スイート」を食べたくなり、切った。

ここからが、想定外だった・・・。なんと切った中身がこれ。

エッ!ななんなんだ。乱れた呼吸を整える。
まあ、安いのだから仕方ないではないか。と自分に言いきかせる。

そして、少し不安がよぎる。他のリンゴは大丈夫なのか。
よし、いくつか切ってみよう。

ボケ気味ではと感ずるリンゴを選び、切ってみた結果は・・・4個中3個が腐っていた(掲載写真以上に)。

ガーン(全体の写真は省略。あなたの食事に差し障ると思うので)。
まだ残り3つは中身が判明していないのだが、切るのはやめた(更なるダメージを回避するため)。

格安で旨いリンゴを選択購入したと思っていた私は、妻にもほめられ、心が軽やかだったが、一気に奈落の底に。

いい部分のみ切り分けて、タッパーに入れ冷蔵庫に保管した。
一連の動きを眺めていた妻は終始無言・・・(こわい)。

翌日、沸々と湧いてくる感情のなか、人を介して果樹に詳しい農協の営農技術員に聞いてもらうと、このリンゴの病気は「芯カビ」というらしい。

生産者は樹から収穫する時、リンゴ表面のワックス(ヌルヌル)やボケ具合からわかるそうなので、普通は流通に回さないという。

ならば、なぜこのリンゴが選果場に隣接する直売所で、選果外品として持ち込まれたのか知りたくなった。

お客が自分で選んだのだから自分に非がある、という主張もあるだろう。
しかし、これだけ腐っていると、苦情としてトラブル場合もあると思う(返金を含めて)。

製造物責任は、基本的に生鮮には当てはまらないというが、確実に購入者の心情を害するし、信用失墜になりかねない。

ここは原因を確認し、次の改善につなげるお手伝い(おせっかいだが)と思っている。

そんなことがあったやさきに、今度は私自身が生産者として問われる立場になる。

何が起こったのかは・・・次回に。

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加