見かけと中身(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

前回のブログの続き。

【前回のブログで書いたこと】
選果場に隣接する直売所で格安のリンゴを購入し、家に帰って切ってみたら多くが腐っていた。

これでは、購入者が不満を持ち返金を求める等のトラブルになりかねない。
何らかの手をうったほうがいいという内容。

【トラブルへの対応】
そこで、すぐ思いつく対応としてチラシを入れたらどうか。リスクを考え、あらかじめ相手(食べる人)にしっかり伝えるのだ。

「選果外の格安提供品です。痛み等のリンゴが混じっているかもしれません。その場合は農家の応援団のお気持ちで、ご寛容をいただければ幸いです」などとメッセージを記す。

少なくとも怒りを多少とも減ずる可能性はあると思うのだが。

さて、前回のブログの最後に、「今度は私自身が生産者として問われる立場になる。何が起こったのか・・・は次回に。」と記した。

周りから、「なに、どうした?次回が楽しみ!・・」等の思わぬ反応があり、少々困惑している。
たいした内容ではない、とあらかじめ火消しをしておきたい(笑)。

では、ことの次第を書いていく・・(深呼吸して)・・ 。

 【キャベツの大玉を栽培】
今年は、あるつながりから大変珍しいキャベツの品種・札幌大球(さっぽろたいきゅう)の苗が手に入り、6月に植えた。

札幌伝統野菜であり、昔から越冬用の大玉(直径50センチ・15キロほど)として作られていたが、生産者は減少。市場流通はしていなく希少価値がある。

有機肥料を入れ生育中、肥料を葉面散布する必要があると教えてもらったが、ずぼらな私は指示通り行わず、「無農薬有機農産物」だからいいと思っていた。

道ばたに植えたので目立つ(大型ネットのトンネル仕立て)。
大きくなっていくさまが通行人の目を引き、じろじろ立ち止まって見ている。

しばしば“生産者は私です”と名乗り出たい衝動にかられた(人間としての器が小さい・泣)。

防虫剤も散布せず、追肥もせず9月になっていよいよ大きくなってきたところで、天(かみさん)の声。

10月には白菜や大根を植えるので、収穫してちょうだい。こんな大きいキャベツをどなたにやるの?

私は10月までは収穫を我慢しようと思っていた(もっと大きくしたい、という童心から)。

が、総合的に判断してあえなく従うことに(写真は7㎏ほど。右側はスーパーのもの1㎏。比較のため、わざわざ買った・笑)。

【獲って、持って行った先は】
私なりに、侍学園(若者の自立支援施設)と、大家族の料理研究家、近所の子供の多いお宅など、持って行く先は想定している。

タダとはいえ、もしキャベツは余っているといわれたら気持ちが凹むので、予告してある。

決まっている先に届け、大きいと驚かれ感謝された。気持ちがはればれ。
我が家でも一玉を食べた。柔らかくて美味しい、気分を良くしていた。

【ここからが本題】
そして、ここからが・・・「生産者である私が問われる」展開に・・・。

一週間後、残っていたキャベツを獲り、我が家用に使うため包丁で切り始めたところ、虫食い葉っぱがあらわれ葉をむいてもむいても被害が顕著になる。

こんなはずでは・・・なかった。

家で食べる分は、大玉だけに何とかなったが。獲るのが遅かったかな・・・。
ここで、私の心に大きな心配事がこつ然と現われる

そういえば、侍学園や料理研究家に持って行ったが、今までなら「美味しかった」と即電話やメールでお礼の言葉が返ってくるのだが、今回は音沙汰なし

【追い打ちでさらに心配拡大】
妻からは、「大玉だけに虫食いの部分が多いと始末に困る!」と直球でグチられる。

聞くうちに、持って行った先で、大玉キャベツの虫食い葉っぱを大量に処理しているシーが浮かんできた。

さらに、こころの中で一人会話が続く・・・

「無農薬有機栽培は虫食いリスクが避けられない。渡すとき、巻いているキャベツの中に虫食いがあるかも、でも無農薬有機なので安全です。となぜひと言いわなかったのか」

「相手は、タダと思って有難くもらったが、こんな余計な手間がかかるとは。それも大量の生ゴミ発生、アーアと思っているかも」

「でも、実は虫食いが多かったなんて言ったら、長谷川さんの思いを邪険にするようで悪いし、と黙っているのではないか」

頭の中で一人会話がグルグル回る。結論は、「2日~3日待ってみよう」。

【渡した先からの反応】
渡した先からの反応は、待ったが・・・無かった。ならばと、おそるおそるライン等で聞いてみる。

「この間持って行った大玉キャベツ、虫食い等はなかったですか。有機無農薬なので、少し心配です」。

返事は即あり。
「ごめんなさい、言うのが遅れて。柔らかくて甘くて美味しかったです」
「すぐ調理係に回してしまったけど、何も言ってこないので大丈夫と思う」等。

よかった、何事もなくて。
何かあっても、私をおもんばかって言わないかも、と考えすぎるのはやめよう。まあいいか。

【生産者として問われること】
たとえ家庭菜園のものをタダであげる場合でも、「傷や虫食いや腐っていたら」というリスクは大いにありうる。

生産者の立場にたって、リスクを考え、あらかじめ相手(食べる人)にしっかり伝えることが大切と思う。

生産者はやはり「食べる人」を思い、「食べて美味しい」と言って欲しいのだ。
それならば、家庭菜園従事者でも生産した責任を自覚しないと。

食べる人が喜んでくれて、ファンになってくれれば、確実に地域農業(家庭菜園を含めて)は豊かになっていく!

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加