「思いがけず利他」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

新自由主義は前からイヤだった。
弱肉強食の市場経済を是として、格差拡大社会を形成した元凶である。

個人は自己責任を問われ、コロナ禍のなか、個人と個人が分断され、支え合う人間関係は希薄化していく。

かといって、近頃の企業の社会貢献活動やSDGsも、自らの利益のためが見え見えで、しらけてしまう。

そんな時、最近話題となっている中島岳志著「思いがけず利他」を手に取ってみた(以下は私の解釈)。
まず、ページをパラパラめくると・・・

「利他は過去からやってくる」「利他は未来からやってくる」のフレーズが目に入ってくる。

エエエ?なに?真逆のことが繰り返し出てくる。

これはどういうこと?ややこしい話の予感がするが、とにかく読んでみる。

【利他は発信者と受信者の立場で異なる】
行為をした「発信者」と行為の「受信者」にとって、利他として現れる「時」は真逆になる。

→エッ? 私には、すぐにはワカラン。

「利他は未来からやってくる」とは・・・発信者は、自分の行為が利他的であるかどうかは、その時はわからない(未確定)
相手のために利他的思いでやったことでも、受け手にとっては迷惑がられることが往々にしてある。

利他的行為とは、受け取る側が時の経つなかで気づくことである。
ということは、発信者にとって、「利他は未来からやってくるもの」なのだ。
やったときはわからない。→ナルホド!

「利他は過去からやってくる」とは・・・受信者(受け手)が、相手の行為のありがたさに気づき、「利他」として認識するとき。

実際に、私が小学校の先生のある一言を「ありがたい」と気づいたのは、10年たってからだった。

気づいた時、受け手の私は先生の一言を「利他のことばとして認識」し、先生を利他の主体に押し上げることができたのだ。
利他は受け取られたときに発動する→ナルホド!コレハワカッタキガスル!

そこから、著書ではいろいろな話が展開されるが、私は二つのことに関心をもった。

【発信者の何気ない偶然の行為が利他を生む】
発信者を利他の主体にするのは、どこまでも受け手側である

発信者がいくら利他的に思ってほしい行為も、ほめられたいとか、地位や名誉を得たいという利己につながっているものは受け手に見破られてしまうだろう

一方、相手のためにやったことでも受け取ってもらえず、空回りするかもしれない。そんな思いに支配されると、生きることに消極的になるかもしれない。

しかし、自分の口から出た何気ない一言が、受け手の人生を大きく進展させることはどう考えるか。

一言発せられた瞬間には、その言葉がいかなる価値を持つかはわからない。
しかし、今という偶然性は常に受け手の未来の「気づく」可能性につながっている

「やってみなければ幸運にも巡り合えない」のことわざに似ていると思う。
丁寧に精一杯人と関わって生きていけば、「思いがけず利他」がやってくるのだ

【受信者が死者と対話するとき利他がやってくる】
一方、受信者にとって、過去からやってきた利他の主体者が亡くなっている場合が往々にしてある。

その死者からの行為を利他として起動させるには、死者を弔い「気づくこと」である。
死者を弔い対話するとき、「思いがけず利他」を受け取る

そして、まだ見ぬ未来の他者に向け発信しなければならない

コロナ禍の今、新聞のおくやみ欄には、多くが「葬儀は家族葬で行った」「近親者のみで行った」とある。
一般的に、葬儀への関心が薄れてしまわないか

私は、生前関わった方には改めて心でしっかりと対話をし、受け手として利他に気づき感謝する人でありたい。

年末、年賀状をしっかり書き、宛名の方との関りを思い起こしつつ、「思いがけず利他」を受け取れれば嬉しい。

コロナ禍のなか、新自由主義なんぞ過去の遺物。

私たちは、過去から未来へ人と人をつなげる「利他」を基軸に、新しい「共助」の仕組みを作っていこうではありませんか

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加