「教育とは」-この人は凄いぞ!(上)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

今年のブログのスタートは、年末から読み始めまだ終わらない本(何しろ526頁の大著)の主人公の話。

この厚さを読むのは何十年ぶりかな(ホントに)。そして、新年第一回目に書きたくなった。

【主人公の紹介】
主人公はナント浄土宗の僧で、渡辺海旭(かいぎょく)上人。
明治から昭和前期にかけて大活躍し、享年62歳の生涯(大僧正)。

知っている人はいないでしょう(当然、私も)。
新年早々、いきなりお坊さんを取り上げる、マジで?とツッコミが入りそう(笑)。

浄土宗って?シラン、という人も多々おられるかと。でも、ご縁と思って読んで欲しい。

私は浄土宗の菩提寺・西念寺(坂城町)で総代を務めており(信心深さと相関があるかは?)、ご住職からこの方を教えてもらったのだ。

なぜか“心がざわつき”そっこく通販でこの本を購入。
読み進めて感じたこと!この人物は“すごい!”のひとこと。

人物のスケールの大きさは、私が知る限り抜きん出ている、ホント(私の心のざわつき=直感をほめたい)。

10年余のドイツ留学で世界を知り、幅広い分野の人たちと交流。器を拡げた(と思う)。

仏教学者(宗教大学、東洋大学教授)・社会事業家(浄土宗労働共済会設立)・教育者(芝中学校校長)であり、強烈なエネルギーを発し続けた実践家であった。

この本の中から、私の心がパッと明るくなった2つのエピソードを選んで、今回(上)と次回(下)に分けて簡潔に書く

お坊さんとして“桁外れの方”を感じてもらえれば。
ここからが肝心なところだ。読み手のあなた、ガンバレ!

【コピーライター(文案家)の才覚】
海旭上人が芝中学校校長を引き継ぐ際、前校長とこんなやりとりをする。

海旭校長「僕には、かねてから少年青年教育に考えがある。僕は教育はだと思う、四つのLであると思うんだ」

前校長「なんだって?君はいつも僕を驚かす。卍って、梵語で仏教のめでたい印だよな。」

「でもそれがなぜ四つのLなのか、さっぱりわからん」

海旭校長「いいか、卍を分解するとLが4つできるだろう。紙に図解してみるよ」

前校長「なるほど、確かに4つのLだ。こいつは驚いた!」

海旭校長「4つのLとは、Light(光明)、 Love(愛)、 Life(命)、 Liberty(自由)のことだ」

「Light(光明)と Love(愛)をもって人格を陶冶する」
「Life(命) で生活を充実させ、 Liberty(自由)をもって高遠なる理想の実現を目指す」

「これが教育の根本というものだ」

このユニークな「卍=4L教育論」は、自助自発の人間づくりを目指す「遵法自治」であり、芝中学校の校訓とされ今に引き継がれている。

私は、卍 ⇒ 4L の発想には心底マイッタ(カナワナイ)。そして大拍手。
今の一流コピーライターでも思いつかないかと思う。

【他にも生み出したコトバがある】
さらに、芝中学校で提唱した「3Sクラブ」は慈善活動サークル「Shiba Social Service Club」の略。

「4L」「3S」にしろ、頭文字を分かり易く標語にして生徒たちの行動を喚起するのは、マーケティングという言葉も無かった時代希(まれ)な才能の持ち主だ。

マーケティングに関わる私にとっては(僭越ながら同業者意識が少しある)、時代を超えて正直スゴイと思う。

また、当時呼ばれていた慈善事業や救済事業に対し、海旭上人は「社会事業」ということばを造語した。

本邦初の乳酸菌飲料を「カルピスと命名したことでも知られる。

10年余のドイツ留学の体験が日本にて発酵し、学僧や教育者におさまりきらない存在となっていく。

法然上人が開祖の浄土宗に、戦前こんな僧がいたとは。イヤ~マイッタ。そして感動!

あなたには長い文章を読んでもらい感謝。

次回は、教育者としての“心に響く海旭上人”の行動を紹介する。ご期待下さい!

この記事を書いた人

長谷川 正之
長谷川戦略マーケティング研究所所長

1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。長野県信連勤務後、政策研究大学院大学で公共政策修士を取得。長野県や上田市で統一ブランドの創設や農産物マーケティングを推進。また、小学校PTA会長や地域活動にも積極的に取り組む。現在、中小企業診断士・公共政策修士として「長谷川戦略マーケティング研究所」を立ち上げ、企業や行政のマーケティング支援に従事している。落語鑑賞が趣味で、「上に立つより前に立つ」や「やってみなければ幸運にも巡りあえない」という言葉が好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加