持続可能な自転車屋さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

前回のブログから1ヶ月近くたってしまった。

このところ書いている「自選ブログ」シリーズはチョット休止。最近、遭遇したことを記す。

【自転車のタイヤの空気が抜けた】
私は、近くは普通の自転車を使って動き回る。
何回かパンクをしたときは、近隣の自転車屋さんで直してもらう。

この間も乗ろうと思ったら車輪のタイヤがぺしゃんこなので、いつもの自転車屋さんに持って行ったが、あいにく先客がいて時間がかかりそう。

さてどうしたもんかと思案していたら、お店の女性店員さんが出てきて声をかけてくれた。

【空気が抜けた原因】
タイヤの空気が抜けてパンクかなと思ったので直してもらいたいと話すと、チョット待ってと、車輪を回してタイヤの状況を確認し始めた。

次にバルブのキャップを外して虫ゴムを取り外し「すり減っていてこれが原因です」と、新しいものに取り替え空気ポンプで空気を入れて終了。都合3分ほど。

【連続する驚き】
手際のよい仕事に感謝、感謝。そして代金は入らないという。

エーッと驚くが、タダではチョットと思い、「いざという時のために空気入れポンプを購入します」というと、店員から思わぬこんな言葉が返ってきた・・・

「3,000円ほどするので、使用頻度があまりないポンプは買わなくてもいいんじゃないですか
またまた、エーッと驚く。さらにこの驚きは続くのだ。

彼女は「代わりに、これを利用してもらえれば」と建物の脇に設置されているボックスを指さした。

自転車用工具・ポンプが入っているので、ご自分で自由に使ってくださいネ」。
何という対応かと感心した(他のお店を知らないせいもあるけど)。

一年ほど前に来たときはこんな対応はなかった。この間に何があったかは知らない。

もちろん、人手不足等で簡単な修理や作業は顧客に自らやってもらうことは、お店にとってもメリットがあるだろう。

自販機にはドリンクの他、チューブやパンク修理用品など、緊急で必要な商品も取り揃えている。

しかし、私は店主が自らのお店の存続を真剣に考え、コンセプトを明確化したのではと思うのだ。

仮に、この自転車屋さんが使命を「自転車で日常生活の幸せづくりをお手伝い」としたならば、「自転車用工具・ポンプ入りボックス」の無料提供も納得できる。

HPを見ると、「身近な街の自転車屋さん」とあり、「通勤、通学はもちろん 幼児車・子供車、電動アシスト自転車 スポーツ車も取り揃えています」。

日常生活での自転車利用を全面的にアシストする姿勢がうかがえる。

【持続可能は何によってもたらされるか?】
今、「持続可能な社会づくり」が関心をよんでいる。SDGsはいいのだが、ことばのみが先行しており、地に足のついた行動はまだまだだ。

この自転車屋さんの対応を振り返ってみて、「持続可能」をもたらすには何が大切か、考えた。
私の脳裏に浮かんできたのはこの一言

・・・「信頼関係」・・・

この自転車屋さんは、多くの企業が指向する「何もかもサービスをマネー化する」というビジネスモデルではない。

街の人たちが「日常的に自転車を通じて豊かな生活を送って欲しい」という気持ちが強いと思う。

自転車の虫ゴムの無料取り替え、ポンプは購入してもらうのではなく無料利用してもらう、という顧客との「信頼関係づくり」を基軸にしているのだ。

だから、街の自転車利用者たちは顧客となってこのお店を支えようと思うに違いない。

今度、店主と話す機会を持ちたいと思っている。

「持続可能とは?」を具体的に考えるヒントを与えてくれたこの自転車屋さんに、感謝である。

この記事を書いた人

長谷川 正之
アグリフードビジネスアドバイザー

□1955年生まれ、長野県埴科郡坂城町出身。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、長男としての責任を感じ故郷・長野県の農林系金融機関に就職。在職中は、融資や資金証券運用業務ほかに携わる一方、企画業務では「中小企業診断士」の資格を活かし経営戦略(経営理念の策定含め)を立案し事業展開を図る。54歳時に、「上司の顔より真理の顔を」という言葉に出会い、「ソロで力量を磨き、パーティーを組んで更に高い目標に挑戦していく!」意識を自覚。思い切って選択定年で退職。
□55歳で一念発起し、政策研究大学院大学政策研究科まちづくりプログラム(修士課程)に学び、ダントツの高齢者ではあったが無事「公共政策修士」を取得。 
□56歳で長野県庁の民間登用試験を受け、任期付職員として採用(課長級:農政部農産物マーケティング室企画幹)。県農畜産物の統一ブランド「おいしい信州ふーど(風土)」を玉村豊男氏と共に創設し普及。6次産業化推進や「信州ワインバレー構想」策定等にも関わり、任期満了につき退職。
□61歳で上田市農林部農産物マーケティング推進室・専門員に採用。「発酵で輝く上田のまちづくり」を提唱し、民間の「信州上田・発酵の女学校」等の設立を支援。上田市の統一ブランド「信州上田なないろ農産物」を創設し、地産地消を強力に推進。講演では「尊農上位論」を熱く説く。現在、ながの農協非常勤監事も務める。
□地域活動として、地元小学校PTA会長、さらに当時の小学校連続殺傷事件発生に際し地域で自主防衛すべく歴代PTA正副会長会(ビーナス会)を組織し現在会長。「地域の子どもは地域で育てる」を合い言葉に実践中。春・夏休みには、町内児童館で本の読み聞かせを楽しく行っている。
1995年阪神淡路大震災時には、友人の落語家や中学同級生たちといち早く復興支援寄席を開催。以降、高齢者福祉につながればと坂城寄席を継続開催中(現在休演)。地区の自治活動にも積極的に関わり、来年は区長を担う。コロナ禍や自然災害多発のなか、自治会(区会)が自治体(町行政)を構成する確かな「共同体」の仕組みを作りたいと意欲を持つ。
今後、「中小企業診断士」「公共政策修士」の知識・経験を活かし、さらに地域に貢献したいと前を見すえる。紆余曲折の人生のなかで培った多彩な人脈が自らの強み。
□趣味は落語鑑賞。好きな言葉として 「上に立つより前に立つ」 「スピードが感動を呼ぶ!」「笑いで輪(和)来!」「他人の言葉を気にして生きるには人生は短すぎる!」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加