ごあいさつ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
Slider
アグリマーケティングのサイトへようこそ!

アグリマーケティング代表取締役の田中良介と申します。もともと私は、農業や食品とはまったく異なる業界にいました。自動車部品業界です。ドイツ資本の会社だったので、海外の人とお仕事をする機会も多くありました。30代半ばのときに、かねてから強い関心を持っていた、農業と食を取り扱う業界へ転職しました。

私が入ったのは小さな農業法人。生食のブドウや加工品をつくっている農家でした。その農業現場で、私は汗水たらして働きました。主担当は、営業、マーケティング、そして6次産業化でした(小さい農家だったので、現実はなんでもやっていました。)。仕事はとても厳しかったのですが、商品開発から海外展開までを、短期間で成し遂げてきました。

ほかにも多くの生産者さんに出会いました。彼らと一緒に仕事をしているなかで、日本の農業の危機的な状況が手に取るように分かりました。同時に見えてきたのはそのポテンシャルの高さ。可能性はあるのに、糸口が見いだし切れず、徐々に沈んでいく業界。

日本の農業を、そして地域を何とかしたい。その想いをもって、私は2016年2月にアグリマーケティングを創業しました。0からのスタートだったので、自分としても手探り状態でした。セミナー講師をしたり、農産品を飲食店へ卸したり、ホームページ制作をしたりと、さまざまなサービスを農業者や加工業者さんへ提供しました。そして多くの方に出会い、助けてもらいました。

そして今、徐々にですが、弊社のビジネスモデルが固まりつつあります。それは農家を含めた食品企業の「本来の価値や魅力」を引き出すこと。それを魅力的な文章に落とし込んだり、WEBコンテンツという形で、販路を広げていくお手伝いをすること。しかも単発ではなく、継続的な取り組みとして、生産者さんと地域に寄り添いサポートとしていく・・・

世の中には、キレイなだけの箱が溢れています。表面的にキレイでも、中身が伴っていません。その一例が、ホームページです。見た目がいくら美しくとも、その内容(コンテンツ)が魅力的でないため、すぐにボロが出てしまいます。荒廃農地ならぬ、荒廃ホームページ・・・。私たちの仕事は、このような箱に息吹を与えることだと思っています。

アグリマーケティングという会社は、まだまだ若い会社です。日本の農、食、地域を発展させるため、これからもたくさんのチャレンジをします。そしてその倍くらいの間違いもすることでしょう。しかし、私たちには志があります。日本のためにがんばりたいと思って、日々努力しています。この挑戦のなかで、志を同じくする仲間と出会い、一緒に成長できたら・・・、このうえない幸せです。

アグリマーケティング 代表取締役 田中良介

代表の職歴

●ドイツ企業であるボッシュ(Bosch)にて、自動車部品開発に従事。エアバッグECU開発のチームリーダーとして、インド人やドイツ人と共に働く。また日本の自動車メーカーと海外エンジニアの間に立って、コーディネーションを担当。
●長野県御代田町の農業生産法人にて、農業研修を受ける。高原野菜の栽培~収穫を通して、農業の基本を学ぶ。
●長野県東御市のブドウ農園にて、営業・マーケティング部長として国内外を問わず販路開拓に従事。また6次産業化にも注力し、複数の新商品を開発。
●2016年にアグリマーケティング株式会社を設立し代表に就任。農と地域の発展に貢献することをミッションに活動中。同時に、次の役割も兼務している。

東御ワインフェスタの運営事務局、日本食糧新聞社 特派員、6次産業化プランナー(中央サポートセンター、A-FIVE公認)、日本食農連携機構 中部支部設立準備事務局、ミラサポ専門家(中小企業向けの支援)、長野県登録の専門家(中小企業向け支援)、長野県東御市八重原米 地理的表示保護制度(GI)推進協議会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加